秋月春風 ~おじさんの初ブログ~

歴史、読書、ペン字、剣道、旅行……趣味の話を徒然と。

「穴太」の読みについて

 「穴太」、「穴生」という地名が各地にある。いずれも「あのう」と読む。旧仮名では「あなふ」と表記される。「あなほ」→「あなふ」→「あのう」と変化したものである。吉野の「賀名生」もかつては「穴生」と表記されていた。いずれも天皇、皇族に奉仕する名代(なしろ)の「穴穂部」(あなほべ)に由来している。穴穂部は安康天皇の諱の穴穂皇子(あなほのみこ)、または皇居の石上穴穂宮(いそのかみのあなほのみや)にちなんだものである。

 安納芋で知られる種子島の安納は「あんのう」と読むが、「安」の字は万葉仮名では略音仮名で「あ」の音を表しており、地名や人名でも安芸、安曇、安倍などの例がある。鹿児島県志布志にある安楽という地名も、現在は「あんらく」であるが、かつては「あら」で、佳字を当てたものである。さて、安納であるが、納の音は旧仮名で表記すれば「なふ」で、安納は古くは「あなふ」であったと考えられる。すると、穴穂部に由来するのではないかと考えたくなる。しかし、穴穂部の設置は雄略天皇の頃とされており、当時、種子島大和朝廷の版図に属してはいなかった。また、安濃、阿野といった地名についても、穴穂部と関連がありそうであるが、「ほ(ふ)」を表す漢字が含まれていないため、それと断定できない。
 ところで、「穴生」の生が「ふ」と読まれるのは、芝生(しばふ)でわかるように、草木の生い茂ったところを意味し、麻生(あさふ→あそう)、瓜生(うりふ→うりゅう)、蒲生(かまふ→がもう)、柳生(やぎふ→やぎゅう)といった例がある。

 古代では、漢字二字の地名は、二字ともに音、訓のどちらか一方で読み、音訓混用は極めて少ない。太の字を「た(だ)」と読む場合は、伯太(はかた)、加太(かだ)のように他の一字も音読するのが普通である。滋賀県にかつてあった栗太(くりた)郡は、古代は二字とも訓読され「くりもと」であった。音訓混用の地名の多くは、栗太の例のように読みが変化したものか、でなければ、後世の当て字と考えられる。
 「太」の訓は栗太の例にあるように「もと」があるが、一般には「ふと」と「おほ」である。しかし、「ふと」は「ふ」と略されて用いられることは無い。「おほ」なら、穴太は「あなおほ」となるが、古代日本語では母音の連続を嫌うので、川音が「かはおと→かはと」となるのと同じく、穴太は「あなおほ→あなほ」となるはずである。「おほ」なら通常は「大」の字を用いるが、「太安万侶」の例もある。「太」は、最上級的な「大」であり、また、尊称にも用いられるところから、書き手によってはこの字が好まれたのではなかろうか。

 ところで、穴穂部は正倉院文書では「孔王部」と書かれている。漢字の使い分けとしては、「穴」は凹みや空洞を指すが、「孔」は同じ空洞でも、瞳孔や鼻孔のように(光や空気など)何かが通るといったニュアンスがあると説かれている。もっとも、日本語においてはともに「あな」で区別が無い。
 上宮記逸文では、聖徳太子の母、穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)を「孔穂部」と記している。「孔穂部」と「孔王部」は同じ語の異なった表記と考よい。しかし、「孔王部」の「王」は「ほ」とは読めない。「おほきみ」の「ほ」と考えるには無理がある。王は天皇を意味すると考えるのが自然である。安康天皇=穴穂天皇(あなほのすめらみこと)を漢風に「孔穂大王」とし、さらに「孔王」と略したのであろう。「穴王」では穴に住む獣の王といったイメージを受け、何とも野卑である。一方、「孔」は中国の姓でもあり、孔子を連想させ、「穴」より「孔」の方が字としては好ましい印象がある。「孔王」とすれば格調も高い。よく考えたものである。

 

愛犬の死

 先日、愛犬が亡くなった。11歳の誕生日を迎えた翌日のことだった。その5日前に私が散歩させていて家の近くまで戻ってきた時、彼が突然倒れたので、あわてて抱きかかえて帰り、妻とともに知人の車で動物病院に駆け込み、一命を取り留めることができた。その時に初めてわかったのだが、心臓を包んでいる膜の中に血液が溜まって心臓を圧迫しており、それも心臓にできた腫瘍が破れて出血したのが原因だと言われた。心タンポナーデという病名だった。そうとも知らず、これまで、彼の健康の為と、積極的に散歩させ、走らせたりしたのが、却って症状を悪化させていたのだ。苦しかったんやな、ずっと我慢してついて来たんやな。ごめんな。ほんとにごめんな。
 病院で救命処置として、溜まっていた血液を抜き取り、心臓マッサージを実施してくれたが、その最中に二度も心臓が停止したが、幸い蘇生させることができた。それでも一時的な延命措置に過ぎず、獣医師の先生からは、帰宅の車中で亡くなる可能性が高いが、入院治療中に亡くなってしまうよりは、家族のそばで死なせるほうが良いとの判断で、連れ帰ることにしたが、二日後には呼吸も安定し、以前の彼と変わりなく家の中を動き回るようになったので、一安心した。それからは、心臓に負担が掛からないよう、家族で見守り、彼は家の中では排泄しないため、抱きかかえて外に連れ出し、少し歩かせたうえで、排泄させていた。
 最後の日は午前中、妻が彼を抱き、私も一緒に公園に行ったが、少し歩かせてやると、彼は地面をクンクンと楽しそうに嗅ぎ回っていた。明後日には病院で再検査してもらう段取りになっていた。散歩から帰宅して5時間程後、リビングでソファの上で寝そべっていた彼が、私と妻がちょっと目を離した隙に、飛び降りたのか、ソファから落ちたのか、床の上で苦しがってもがいていた。あわてて病院へ運んだが、手遅れだった。

 彼は生まれつき右の前足がまっすぐ伸びていなかったが、歩いたり、駆けたりするのに、特に不自由は無かった。若い頃は、ジャックラッセルテリアらしく、活発な子だった。5~6歳の頃だったか、指間炎になり、時々、足の指を齧ったり、痛そうに歩くことがあったが、それ以外は元気だった。昨年の夏あたりから動作がやや緩慢になり、散歩の途中で立ち止まって動こうとしなかったり、食欲不振になったりしたが、年を取ったせいだと思っていた。ただ、時々おかしな咳をすることがあったので、知人の助言で、昨年の9月に心臓の検診を受けたが、異常は発見できなかった。11月頃、突然、音に反応しなくなったので診てもらったところ、水頭症に罹っているのがわかった。びっくりしたが、薬を呑ませているうちに、聴力も回復した。ただ頭が重いのか、不快感があるのか、時々クッションに頭を突っ込んで体を丸めていることがあったが、普通に元気な時もあったので、命に関わるような状況ではないし、水頭症でも重症ではないし、15歳ぐらいまでは大丈夫だろうと思っていた。彼が心臓を患っているとは考えもしていなかった。

 犬を家族に迎える以上、先立たれることは覚悟しておかねばならず、寿命の差は自然の摂理として受け入れるほかはないが、11年の歳月は、人間なら小学校5年生になるまで愛情を注いで育てた子に等しいわけで、そんな末っ子の甘えん坊が亡くなったと考えると、とても愛(いと)おしくてたまらない。犬の寿命としても、せめて、あと4~5年は生きていてくれてもおかしくはなかったのにと思う。


 彼の名はコマ。妻がソウルの出身なので、韓国語でちびっ子を意味する「コマ」と名付けたのだ。彼は本当に我が家の「ウリ・コマ」my little kid だった。

許蘭雪軒の「少年行」について

朝鮮、李朝時代の薄幸の女性、許蘭雪軒の漢詩を取り上げてみる。

少年行

少年重然諾 結交遊侠人
腰間玉轆轤 錦袍双麒麟
朝辞明光宮 馳馬長楽坂
沽得渭城酒 花間日将晩
金鞭宿倡家 行楽争留連
誰憐揚子雲 閉門草太玄

少年 然諾を重んじ 遊侠の人と交りを結ぶ
腰間に玉轆轤 錦袍には双麒麟
朝(あした)に明光宮を辞し 馬を長楽坂に馳す
沽(か)い得たり 渭城の酒 花間 日将(まさ)に晩(くれ)んとす
金鞭 倡家に宿り 行楽 留連を争う
誰か憐まん 揚子雲の 門を閉ざし太玄を草(そう)するを

 希布の一諾と言う言葉があるが、信義を貫くことを重んじ、任侠を志し、遊侠の徒と交わる若者がいる。意外や、彼は歴とした貴公子である。腰に佩玉を帯び、双麒麟を刺繍した錦の衣に身を包んでいる。玉轆轤とは装身具で腰に帯びる環状の佩玉であろう。
 彼は、朝のうちに朝廷での務めを終えると、妓楼に向かって馬を走らせる。明光宮、長楽宮は漢代の宮殿。この場合、明光宮は朝廷を指し、長楽宮(押韻の為、長楽坂としてある)は妓楼を意味する。妓女を宮女に譬えている。そこで美酒を求め、美女(花)に囲まれ、黄昏に至る。馬を倡家に繋ぎ、妓女と戯れつつ、居続けて数日を送る。 
 堅物の学者、揚子雲先生は家に閉じ籠って書物ばかり書いている。何と憐れなことよ。揚子雲とは前漢末の文人、太玄経(易学の書)を著した揚雄(子雲は字)のこと。

 少年行とは、楽府(がふ)と呼ばれる古体詩の題にちなんだもので、同じ題目で、唐代には絶句形式のものも多く作られている。李白、王維、崔国輔、高適と言った詩人の作品が存在する。いずれも、血気盛んな若者の自由奔放な生き様を詠じたものである。

 壮士と酒と美女の取り合わせは、少年行という主題に即した題材であり、李白の少年行にも「笑入胡姫酒肆中」とある。両班の淑女たる許蘭雪軒がなぜこのような詩を作ったのだろうか。
 儒教に抑圧された社会、男尊女卑の風潮の中で、才能ある女性として自己を実現を図りたいという願いの伝わってくる作品である。彼女の思い描いた、身分制度に縛られない任侠の士は、彼女の死後、弟の許筠が作出した人物、強きを挫き弱気を助ける義賊、洪吉童の人物像とも相通じている。

韓国人と三国志演義

 これは平成元年にある会報に掲載してもらったものです。若干の字句の修正のうえで当時の文章を転載します。

 

 韓国の人々は昔から中国の古典に親しんできた。なかでも「三国志演義」で活躍する英雄たちの話はよく知られている。格言として「三顧草廬(サムゴチョリョ)」、「水魚之交(スオジギョ)」などが用いられ、また「地獄の沙汰も金次第」を「トニ・チェガル・リャン」つまり「お金が諸葛亮孔明)」と表現する。

 大根を「ムウ」というが、これは蕪を指した「武侯菜(ムフチェ)」の転訛であり、諸葛武侯(亮)にちなんだものといわれる。(ムウについて満州語由来説があるが、これは逆で、韓国語から満州語に入ったものであろう。)

 ところで、弟や妹を指す韓国語「トンセン」は「同生」と書く漢字語であるが、中国の古典にも現代中国語にもこの語は見当たらない。これは韓国で生まれた言葉らしい。もっとも私は、この語も三国志演義が出典と考えている。

 「世説新語」によると魏の曹操の子、曹丕は、後継者の地位を争って不和となった、弟の曹植に対し、七歩のうちに詩を作れ、できぬときは死罪に行なうとの難題を出した。植はみごとに六句の詩を詠じ、兄を恥じ入らせたという。いわゆる「七歩の詩」である。

 三国志演義では、少し改変され、植は兄の出した「兄弟」という題に対し、即座に四句の詩を賦したことになっている。

 

 豆を煮るに豆萁 (まめがら)を燃(た)く

 豆は釜の中に在って泣く

 本是れ 根を同じくして生じたるを

 相煎(に)ること 何ぞ太(はなは)だ急なるを

 

 この第三句「本是同根生」、「豆(弟)である自分は、豆がら(兄)と同じ根から生まれたものではないか。」 この「同根生」から弟(妹)を指す「同生」の語が生れたと解してよいであろう。

舎弟

 「義家朝臣と舎弟義綱と権を互にし、両方威を争ふの間…」(百錬抄)。高校時代、日本史の副読本で読んだ文章であるが、単に“弟”でよいのに、“舎弟”とわざわざ二文字にする必要があるのかと疑問であった。
 “舎弟”の語は「六国史」にも使用例があるが、「将門記」、「陸奥話記」、「保元物語」、「平治物語」に始まる軍記物語に始まり、江戸期の「藩翰譜」、などに至るまで、武士が活躍する書物には、「摂津守頼光が舎弟、大和守頼親」「楠判官正成、舎弟帯刀正季に向て」など“舎弟”の二文字が愛用されている。もっとも、頼山陽の「日本外史」では“舎弟”の語は用いず、単に“弟”と記してあり、漢語の用法としては正しい。
 澤村美幸氏の『方言伝播における社会的背景-「シャテー(舎弟)」を例として』によれば、舎弟とは「嫡子より格下の男子」を意味するという。その説に遵えば、源頼朝から見て、範頼も義経もともに舎弟(将軍の御舎弟)であるのは当然であるが、義経は範頼の弟であるが、範頼の舎弟には該当しないことになる。吾妻鏡には頼朝の母方の叔父、祐範を「二品御母儀舎弟也」と記している。頼朝の母の弟で、熱田大宮司家の出身ではあるが嫡子ではない人物と解すべきであろうか。
 しかし、“舎弟”という語の以上に述べてきた用法は、我が国独自の用法であって、漢語における本来の“舎弟”は、他人に対して自分の弟のことを指して言い、他人の弟を“舎弟”と呼ぶことはありえない。そして“舎”は、舎弟、舎姪(姪の字は中国では甥を指す)のように自分から見て目下の親族に付け、目上の親族に対しては家父、家兄といったように“家”の字を冠する。なぜか“舎兄”という言葉もあるが、一般には“家兄”の語が用いられる。また、“家兄”、“舎弟”の語を、血縁は無くても自分と特別な関係にある人物を兄弟関係になぞらえて表現することもある。
 なお、韓国語でも“舎弟”の用法は中国語と同様であり、また、“家兄”は兄の弟に対する自称、“舎弟”は弟の兄に対する自称として、手紙などでは使われるらしい。
 “舎弟”の語は、唐代では詩題に「月夜憶舎弟」(杜甫)や「別舎弟宗一」(柳宗元)といった例が見られるが、これは作者自身の主観的な表現であり、一般の漢籍の客観的な叙述では、“弟”と記す。あるいは、“舎弟”の語は唐代においては本来、口語的な表現だったのではないか。中国語の会話においては、“虎”、“狐”“雀”といった一音節語よりも“老虎”、“狐狸”、“麻雀”といった多音節語の方が、耳で聞いて他の語と紛れることが無いからである。日本語にもそういった現象がある。
 「三国志演義」では、“舎弟”は、劉備が董承に対して関羽を指して言う場合に、また、諸葛瑾周瑜に向かって孔明を指して話す場合に用いられ、“拙者の弟”といった感覚であろうか。また“家兄”の語も、関羽が劉延に対して劉備のことを、諸葛均劉備に対して次兄の孔明のことを話す場合に用いられている。もっとも、「三国志演義」は明代の口語(白話)で書かれており、“家兄”、“舎弟”も明代当時の用法と言える。
 最後に、我が国のやくざ社会で使用される“舎弟”について、「三国志演義」の「桃園結義」(明代の任侠社会の習俗を反映している)が連想されるが、直接の関連は無い。

高麗歌謡から 二編

 若い頃、それほど知識があったわけではありませんが、時調(シジョ)など

 韓国の古典文学に親しんでいた時期がありました。

 20年前、高麗歌謡から二編の作品の訳詩を試みたのですが、

 ブログを始めたのを機会に、添削したものを載せておきます。

 

青山別曲 (チョンサンビョ)  

 

一、いざ行かむ 入りて住むべし

  青山に 入りて住むべし

  草の実や 木(こ)の実を糧(かて)に

  青山に 入りて住むべし

   ヤリ ヤリ ヤランション

   ヤラリ ヤ

 

    注:「草の実や木の実」 原詩は、山葡萄や猿梨の実

 

二、小止(をや)みなく 鳥なき響(とよ)む

  寝(い)ねて起き なきてぞ暮らす

  われもまた 憂ひの繁く

  ひねもす 夜もすがらなく    

   ヤリ ヤリ ヤランション

   ヤラリ ヤ


四、とさまにし かうさまにして
  あかねさす 昼は過ぐしつ
  行く人も 来る人もなき
  ぬばたまの 夜はいかにせむ 

   ヤリ ヤリ ヤランション

   ヤラリ ヤ


六、いざゆかむ 出(い)でて住むべし
  大海(おほうみ)に 出でて住むべし
  玉藻刈り 貝を食らひて
  大海に 出でて住むべし

   ヤリ ヤリ ヤランション

   ヤラリ ヤ


  青山別曲は作者も制作年代も明確ではありませんが、高麗人の孤独と
  人生の悲哀は現代人にも通ずるものがあるかと思われます。
  原詩は八聯あり、三、三、二調のリズムによっています。
 

思母曲 (サモゴ) 

  手鍬(ホミ)にも刃(やいば)の ありといへど
  利(と)きこと鎌に 及ばざるなり
  父のみことも わが親にしましませど
   ウィ トンド ドゥンション
  母のみことに 如(し)く人ぞなき
  あはれ たらちねの 母のみことに 如く人ぞなき

    注:「ホミ」 除草用の小型の鎌状の農具
      「トンド ドゥンション」 : 太鼓の擬音

  木州の孝女の作。 母亡き後、父と継母に家を追われながらも
  孝養の限りを尽くした娘が、遂に二人の心が解けぬのを嘆き、
  実母を偲んで作った歌であると 、高麗史、楽志に記されてています。

天下の取り方

 織田信長斎藤道三は生涯にたった一度しか会っていませんが、その一度の会見で道三は信長の人物を見抜いたと言う話はよく知られています。しかし、道三に評価されたとはいえ、当時の信長に対する尾張国内の評判は最悪でした。 

 

 信長は同族や他の諸豪族を屈服させて尾張一国を統一していくのですが、尾張国内の敵対者の多くは信長と面識があるか、身近に信長を見知っている人物が何人もいたわけで、信長に関する情報は道三以上に豊富でした。にも関わらず、彼らは信長を「たわけ者」としてしか認識できず、彼の人物、力量を正しく判断できなかったことになります。 

 

 信長は尾張統一後、近隣諸国を切り従えていきますが、信長に滅ぼされた大名達は義弟であった浅井長政、反旗を翻した松永久秀などはともかく、当初より対立していた今川義元朝倉義景武田勝頼といったライバル達は首実検の場が信長との初対面となったわけですが、信長にとっては、むしろ面識の無いほうが個人的な感情に捉われることが少なく、客観的に相手を判断できたのかもしれません。

 

 人物を観るには伝聞に頼るよりは直接会ってみるほうが確実かもしれませんが、先入観に捉われたり、観察力が不足していたり、第一印象による好悪の感情が先立つなどして判断を誤る場合もないとは言えません。 

 

 羽柴秀吉の中国攻めにおいて、いったんは織田氏に服属していた別所氏を始めとする播磨の諸将が反旗を翻し毛利方に走ったのも、軍議の場における秀吉の言動に対する反感も一因であったと言われていますが、自分を正しく評価してもらえなかった場合、面識を持つことは却って逆効果になることもあるわけです。

 

 秀吉は信長横死後の後継者争いにおいては、柴田勝家などかつての同僚大名達の人物・力量・性格といったものを判断して戦略を立てることが出来たのですが、秀吉を成上がり者と侮る四国、九州、関東、奥州といった遠国の実力のある大名、長曽我部氏、島津氏、北条氏といった実力者達に対しては、武力でもって屈服させていく他はありませんでした。 

 

 しかし、秀吉に屈服させられた大名達は、秀吉に対面し彼の謦咳に接するに至って、彼に抵抗することの無益を悟り、あの愚劣な朝鮮出兵にほとんど異を唱えることができず、唯々諾々と従わざるを得ませんでした。

 

 秀吉の天下統一後、諸国の大名達は皆、京、大坂に屋敷を持ち、様々な会合を通じて互いの面識を深め、風馬牛であった大名同士の交流も始まり、互いの人物を観察しあうようになります。そうした場で、石高・年齢・人物といった面で最も存在感を発揮したのが徳川家康だったと言えるでしょう。

 

 豊臣政権の大老衆は徳川家康前田利家毛利輝元宇喜多秀家小早川隆景上杉景勝の六人ですが、器量人として評価の高かった小早川隆景は秀吉に先立って死去し、人望のあった前田利家が病に臥すに至りますが、司馬遼太郎氏の人物評論を借りて言えば、毛利輝元は凡庸であり、上杉景勝は愚直、そして宇喜多秀家は若輩者に過ぎませんでした。

 

 こうした状況で家康は自己の存在を諸大名たちにアピールしながら、諸大名たちの人物・大名家中に関する情報を把握し、調略を重ねていき、関ヶ原のたった一戦で天下を手にすることになります。

 

 家康が、信長や秀吉のように敵対する大名を一つ一つ虱潰しにしていく苦労を味わわずに済んだのは、秀吉の天下統一によって諸大名が京、大坂で顔を合わせる機会が増え、大名社会の一員としての集団意識が形成されていく過程で、諸大名達が次代のリーダー、寄るべき大樹の影を求めていたことが家康に有利に働いたと言えるのではないでしょう。

 

 黒田如水伊達政宗のように乱世の風雲の再来を期待した者もいましたが、そうならなかったのは、各大名達の個人的な思惑の単なる集合で動いていた戦国の世はすでに終わり、大名個人の枠を超えた大名集団の心理ともいうべきものが形成されつつあり、時勢を動かすようになっていたからではないでしょうか。