読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋月春風 ~おじさんの初ブログ~

歴史、読書、ペン字、剣道、旅行……趣味の話を徒然と。

舎弟

「義家朝臣と舎弟義綱と権を互にし、両方威を争ふの間…」(百錬抄)。高校時代、日本史の副読本で読んだ文章であるが、単に“弟”でよいのに、“舎弟”とわざわざ二文字にする必要があるのかと疑問であった。 “舎弟”の語は「六国史」にも使用例があるが、「将門…

高麗歌謡から 二編

若い頃、それほど知識があったわけではありませんが、時調(シジョ)など 韓国の古典文学に親しんでいた時期がありました。 20年前、高麗歌謡から二編の作品の訳詩を試みたのですが、 ブログを始めたのを機会に、添削したものを載せておきます。 青山別曲 …

天下の取り方

織田信長と斎藤道三は生涯にたった一度しか会っていませんが、その一度の会見で道三は信長の人物を見抜いたと言う話はよく知られています。しかし、道三に評価されたとはいえ、当時の信長に対する尾張国内の評判は最悪でした。 信長は同族や他の諸豪族を屈服…

名と字(あざな)

中国の人名には「名(諱いみな)」のほかに「字(あざな)」と言うものがありました。たとえば、劉備、字は玄徳、 関羽、字は雲長、 張飛、字は益徳、 そして、諸葛亮、字は孔明… といったことは三国志ファンの方々にはおなじみですね。 では、「名」と「字…